ここからはじまる岐阜のまちーココマチー岐阜駅前中央商店街

About
組合について

商店街の概況

当商店街は、「地域の環境整備改善を計ることにより、事業の健全な発展に寄与し、また公共の福祉の増進に資すること」を目的として、 従来の任意団体であった発展会を解消し、法人の商店街振興組合として昭和47年(1972)3月に組織化されました。
特徴として、一般的な商店街とは異なりショッピングセンター・交通事業・銀行・ホテル・遊戯・飲食など業種や規模とも様々な業態となっております。

環境整備

商店街に面する国道157号線が、市街地再開発事業等公共事業により再整備されることに併せ、平成15年(2003)・平成17年(2005)にわたって、 アーケード・カラー舗装を整備するなどの修景事業を行ってまいりました。

商業環境

あいつぐ大型商業施設の撤退はあったものの、名古屋鉄道岐阜駅前再開発整備・JR岐阜駅周辺の再開発整備により、 交通機関における各地域への中継中心地点になるなど、この街の中核的な役割を担う地域となってまいりました。

岐阜駅前中央商店街アーケード

組合活動について

主な事業内容

平成22年度(2010)
年末イルミネーション装飾「ぎふウミイルミ」、特別活動として「東日本大地震」への義援活動の実施
平成23年度(2011)
アーケード街路灯整備・舗道老朽箇所の整備実施、義援活動の継続
平成24年度(2012)
岐阜国体協賛・広報活動の実施
平成25年度(2013)
第1期防犯カメラの設置(11基)、舗道上の喫煙所設置(岐阜市管理)
平成26年度(2014)
第2期防犯カメラの設置(19基)
平成27年度(2015)
第3期防犯カメラの設置(1基)、喫煙所追加設置(岐阜市管理)
平成28年度(2016)
アーケード照明(ダウンライト)のLED化の実施(第1期)
平成29年度(2017)
商店街紹介のために、WEBサイトを開設
広報誌やバス広告の掲載により、広く宣伝の実施
平成30年度(2018)
アーケード照明(蛍光灯)のLED化実施(第2期)
令和元年度(2019)
アーケード照明(蛍光灯)のLED化実施(第3期)
令和2年度(2020)
「新型コロナウィルス問題」により、大きな事業は停止となった。

歴代理事長

初代 後藤 喜久
昭和47年(1972)3月~昭和49年(1974)1月
二代 前田 正雄
昭和49年(1974)1月~平成02年(1990)5月
三代 大塚 滋治
平成02年(1990)5月~平成18年(2006)4月
三代代行 小田 泰成
平成18年(2006)4月~平成18年(2006)6月
四代 大塚 嘉彦
平成18年(2006)6月~平成28年(2016)1月
五代 伊藤 誠
平成28年(2016)5月~令和03年(2021)5月
六代 前田真弥
令和03年(2021)5月~

協力企業

お問い合わせ

岐阜駅前中央商店街振興組合
<組合事務所>

〒500-8407 岐阜市高砂町3-1 丸魚ハイツ302号

岐阜駅前中央商店街振興組合

ページトップへ戻る